上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お子さんをもつお母さんにとって中学受験を控えている時期は、お子さんのことが心配で仕方がないと思う。
自分がお腹を痛めて産んだ子だし、一生懸命育ててきたので可愛くないわけがありません。
でも、つい感情的になって指導してしまうお母さんもいらっしゃるようだ。お子さんが中学受験に失敗しないためにも、お母さんの指導法を考えてみよう

まず「起きなさい」「ご飯食べなさい」「勉強しなさい」「宿題しなさい」「寝なさい」等といちいちお子さんに言うのは程々にした方がいいだろう。
中学受験を意識し始める時期のお子さんは、自分で考えて行動する能力はもう充分備わっているはずだ。しかし「~しなさい」を言いすぎると自分から行動するということをしない子になってしまうかもしれない。言われたまま行動した方が叱られませんし、お子さんにとっては楽なのだろう。
そうなってしまっては、中学受験の時はもちろんだが、他のことでも苦労すると思うので、お母さんが「~しなさい」といちいち言うのは控えた方がいいだろう。

次に、子どもを沢山褒めてあげて、肝心な時にだけ叱るようにしましょう。
子どものすることにいちいち小言を言うのは「~しなさい」と言っているのと同じではないでしょうか。
勉強させたいという気持ちは分からなくはないだが、自分から行動するまで何も言わずに、自分から勉強した時には沢山褒めてあげるようにしてみてはいかがでしょうか。
そうすることで、お子さんを自主的に勉強させるように誘導することができますし、お子さんもお母さんに褒められて嬉しいだろう。

最後に何事もプラス思考でいくようにしましょう。
マイナスイメージのある言葉をお子さんに言うと、お母さんが考えているよりもお子さんは傷ついてしまうようだ。
そういう言葉を沢山かけられてきたお子さんは、何事もネガティブになってしまいがちだ。
プラスのイメージがある言葉をお子さんに与えてあげることでお子さんも自分に自信を持ちます。
ぜひ積極的にプラスのイメージの言葉をかけてあげてください。

以上のことを実践すると、お子さんも自分に自信を持ち、中学受験もいい方向に進むだろう。


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。