上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お子さんが中学受験をする時には、家庭で1人で勉強することは難しいので、進学塾選びが非常に重要になってくる。
しかし、どの進学塾がいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。「少しでも成績が上がって、子どもにあう塾に通わせたい」と思うのは親なら当たり前の感情ではないでしょうか。

まず、進学塾に通う目的を明確にする必要がある。
小学校の授業の補習程度でいいのか、中学受験をして志望校に入るために塾に通うのかでは塾を選ぶ基準が全く異なってくる。
志望校が決まっているのでしたら、その中学校に合格する確率が高い塾に通わせた方がいいだろう。
また、現在のお子さんの偏差値よりも少しレベルの高い塾を選ぶといいそうだ。あまりにもお子さんの学力に対してレベルが高い塾を選んでしまうと、お子さんが精神的に苦痛を感じ、塾に行きたがらなくなってしまうからだ。そうすると成績にも影響を与えますので、ここはしっかり押さえておいた方がいいだろう。

日能研はどんなレベルの中学校でも合格者数がほぼトップクラスにある中学受験の最王手だ。
日能研の特徴は面倒見の良さがあげられるだろう。お子さんの学力に合わせた対応をしてくれるので、成果が出やすいのではないでしょうか。
早稲田アカデミーは「なにがなんでも志望校別コース」や「そっくりテスト」などが人気で、根強い人気がある。
また、体育会系のノリがある進学塾も人気があるそうだ。好みもあるかもしれないが、このやり方が気にいれば、成績が上がるのも早いのではないでしょうか。

スポンサーサイト
小学校で習うものよりも、中学受験で出る問題のレベルはかなり高くなっているのは今や常識になっている。
どの中学校でも、学習指導要項の範囲内で問題を出していると言っているが、普通に勉強しているだけでは解けない問題が多いようだ。そのためには中学受験の準備をする必要がある。

そういう理由から、中学受験を控えているお子さんを塾に通わせる方も多いと思う。
大手進学塾の多くは小学4年生からカリキュラムをはじめ、6年生の夏休み前に全範囲を終わらせ、その後受験までは総復習に当てるそうだ。
塾選びは塾の合格実績、塾の評判や特色、月謝などの情報をもとに決めると思う。
塾の噂はインターネットで調べると、ライバル塾からの中傷や批判も多いと思うので、実際にその塾に通っている人から話を聞くのが一番だろう。
転塾するのもやめるのも、こちらがお金を払っているので自由だが、塾を替えると勉強の進め方やカリキュラムの違いなどからお子さんが戸惑ってしまうかもしれないので、転塾する必要がないように中学受験の準備ための塾を選ぶ際は慎重になる必要がある。

また、公開テストというものが月に1回あるし、教材費や夏から春にかけての講習もあり、月謝以外にも結構お金がかかります。そのことも中学受験の準備をする際は考えておいた方がいいだろう。
合格実績や、友達がその塾に行っているから同じ塾に入るというのは、子どもにとっても大切なので、できるだけ避けるようにしましょう。

中学受験の偏差値というのは変動性があり、テストの性格によって異なる。しかし似たような問題が出題されたり、受験生が多かったりする場合は有効な手段と言えるだろう。

同じテスト会の模試の場合は、出題傾向が同じなので極端に偏差値を上下することはあまりありません。
そこでテスト会は入試での合否結果と模試の偏差値を照合し、模試で偏差値をこのくらい出せば80%は合格する可能性があるようにデータを利用しているそうだ。
この過去データの蓄積によって合否が予想しているので、入試問題の傾向が大きく変わった場合にはこの偏差値が当てはまらない場合がある。

また、模試で中学受験校として届けられることがあまりない学校については
データが少ないので合格の可能性が出ても誤差が大きくなる。
テスト会の模試と似たような問題を出す学校は、素直に模試の偏差値を信じていいだろう。特色のある問題のある学校は、合格率50%ならば、問題との可能性が高いので自信を持って受験していいだろう。
また記述問題が多い学校を志望校とするなら、模試の偏差値がす少し低くても自信をもって中学受験に臨みよう

このように、出題傾向と偏差値を考えて出願するのが合格しやすいやり方といえるだろう。
もしお子さんが塾に通っていない場合は、親御さんが過去問を3年分位解いてみると問題の傾向が分かります。お子さんのタイプを見極めて中学受験をする学校を選びましょう。

学研は中学受験にも対応しており、Vメイトやニューマイティーといった在宅学習用の教材が人気がある。

学研のコンピュータを使った学習は、自分のペースで勉強を進めることがでくる。塾や学校の授業はみんなに教えるので、一人一人のペースに合わせることはできません。また、家庭教師を頼んでも、何度も同じ質問をしたら怒られるのではないかと心配になるが、コンピュータを使った学習だと、何度聞いても機械だから怒り出すことはありません。

コンピュータを使った学習は、スピードに特徴がある。
映像や音を使って学習するので頭に入りやすく覚えやすいだ。
指導要項に合わせた厳選されたもので学習を進めていくる。また、理解度によってドリルを使用するので、覚えられないということはないだろう。

理解を深めるために、また確実に理解できているか確認するために学研ではドリルを使用する。こうすることで授業ではわかってもテストで間違えるというミスを回避することができますし、すぐにドリルを採点して指導してくれるので、気をもみやすいお子さんでも安心して使用でくる。

中学受験の入試問題はプリントだので、手書きの学習も必要になる。
お子さんの現在の学力に合わせたプリントを選んで印刷してくれるので、問題のレベルが高すぎでモチベーションが下がるということはありません。

また、項目によって先生を変えることができるので、相性の合う先生と出会うことがでくる。相性の悪い先生に教えてもらっても、モチベーションが下がるだけだので、これは大変ありがたいだ。

このように、学研の在宅学習を指導すると、塾に行かなくても充分中学受験に対応することがでくる。興味のある方はぜひやってみるように。

大学合格の実績が高いというのが、中学受験の大きなメリットだろう。
例えば、東京大学の合格者で比較しても、私立の学校から入学した生徒が半数を占めます。
公立校の方が学校の数ははるかにおおいので、生徒数も公立と私立の学校では大きく差が開くはずなのに、こんなに有名大学に入る人が私立学校出身者は多いのだ。

それだけ私立学校というのは大学受験への対策が行き届いているのだろう。私立の学校では大学受験に関する情報も豊富にそろえているし、先輩が志望校に入学していることがあるので、直接話を聞くこともでくる。
また、周りにいる人が有名難関大学に入学できるように頑張っているので、誰にも遠慮することなく入りたい大学を目指すことがでくる。

そして、大学受験において、中学受験を経験して身につけた学習能力は役立ってくてます。
中学受験の時に覚えたことが直接役に立つというのではなく、小学生の時に細かい事項を覚えて頭を使ったということが、柔軟な頭を作りあげ、大学受験の際も非常に役立つというメリットがある。
中学受験の時に身につけた勉強の習慣はいつまでも役に立ちますし、勉強する習慣がついていると、大学受験の時に勉強することが苦になりません。
だから、難関大学に合格するの人が多いのだろう。

中学受験は、有名大学に入学するための第一関門といっても過言ではありません。中学受験を頑張れれば、大学受験も頑張れます。
ぜひ中学受験をして、この能力を身に着け、そのメリットとなる能力を使って目指す大学に合格するようにしましょう。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。