上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「国語は日本語だから、勉強しなくても大丈夫」だとか、「国語は問題を解いていっても成績が伸びにくいから、その分を別の教科にまわそう」、「子どもは本をよく読むのに、なぜか国語が苦手」と考えている方もおおいのではないでしょうか。
しかし、こういう考えを持っていたのでは、中学受験の際に痛い失点をすることになりかねません。
国語の場合は、真面目に塾に通い、膨大な問題をこなしてきたのに、なぜか本番になるとどうすればいいのかが分からなくなり、解けなくなってしまうようだ。
国語は文章の内容を正確に理解しているかというのを試すものなので、日本人だから出来て当たり前ということはありません。

中学受験の国語で「説明文」が苦手な人は、感覚やセンスでは解けません。作者がたてた筋道を正確に理解することが大切だ。
また、説明文で厄介なのは、普段の生活で出てこないような言葉が沢山出てくるところだ。
小学生は、普段は両親や兄弟、友達など論理を意識しなくても付き合うことができる人たちと過ごすことが多いので、感覚で話しても伝えたいことが十分伝わります。
それに対し説明文は、論理というルールに従い、文章は抽象的で、その理由や具体例、他の具体例という風に書かれている。
論理を身につけることで説明文を克服することができるだろう。

中学受験の国語で「物語文」が苦手な人は、物語こそセンスや読書だと思っているようだ。しかし、物語は主人公の心情を表す「客観的な理由」を意識する必要があるので、センスや読書も残念ながら役に立ちません。
物語文は、文中に出てくるセリフや動作からのみ根拠を探し、一歳の主観を排除して、心情を分析しなければいけません。

中学受験の国語で「対策」が苦手な人は、読むのが遅い、文中に知らない言葉が沢山出てきて理解することができない、なんとなくは分かるけど、解答の根拠が分からないという人が多いようだ。
生徒によって原因が違うので、その原因をしっかり見定めて解決する必要がある。

国語は人によって間違え方や苦手な要因、具体的な対策が違うので、個別に対応する必要がある。
他の教科に比べると覚えることが少ないため、短期間で得意分野に変えてしまうことも可能だ。
また、どうしても大変な場合は、「適語選択、指示語内容、文章挿入、空欄補充、並べ替え、表現選択、内容説明、防戦解釈」の答え方のみべんきょうするのもいいだろう。
もちろん、漢字や熟語は地道に勉強する必要がある。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。