上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立中学受験

中高一貫教育をしている私立中学へ通わせるというのは、良いこともあれば悪いこともある。もちろん、公立の中学へ通わせるのにも良いことと悪いことがある。これらのことは当たり前だと感じるかもしれないが、私立中学受験を考えている親御さんはこれらのことをしっかりと把握した方がいいだろう。

私立中学の良いところは、1つは高校へ無試験で入ることができるエスカレーター式であるということがあげられる。また、大学がある場合は、そのにも入学しやすくなるだろう。
また、小学生のうちから勉強を始めるので、中学に入ってからも勉強についていけなくなるということは少ないだろう。
また、通学時間も長くなると思うので、その時間を勉強や読書にと有効に活用することがでくる。また早起きの習慣が身に付くのもいいだろう。

悪いところはエレベーター式なので、努力を怠りがちになることだ。入学してしまえば後は楽という考えを捨てるのは、中学受験で苦労をした分、意外と困難なのではないでしょうか。
また早い時期からの勉強は、親のいいつけでやらされているということにもなるだろう。受動的に勉強するということは子どもがストレスを感じるかもしれない。
通学時間が長いということは、お子さんの趣味にあてる時間が少なくなる。帰ってくると疲れてしまって、家で勉強するというのは大変かもしれない。

このように良いことと悪いことはつながっているので、中学受験をする時は私立中学の方針や、お子さんの性格などの考慮して、私立の中学を受験するか、公立の中学へ行くかを決めるといいだろう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。