上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学受験にかかわらず、算数で計算が遅い、ミスが多い、応用問題が苦手というのはよくあることだ。
算数は、偏差値55以下の子に限りますが、3か月で偏差値を10上げることもできる教科だ。
勉強法をきちんと把握して、もっと偏差値をあげちゃいましょう。

算数の計算が遅いというのは、計算の工夫と単純なスピードの2種類を克服する必要がある。
特に計算の工夫は、短期間で克服する必要がある。注目する部分さえ間違わなければ、比較的楽に解ける問題もあることだろう。

算数でミスが多いという人は、理解が曖昧なのか、本当にミスをしただけなのかを見定めなければなりません。
それによって対応の仕方が変わりますが、ミスが多いという子は計算用紙を上手に使えていないというのが考えられる。
試験の時は問題用紙の余白を使って計算すると思うが、筆算を乱雑に書いてはいませんか?
筆算を色々なところでやっては途中で符号を間違えるかもしれないし、非常に効率が悪いだ。
計算ミスを減らすためにはルールをしっかり決めることが大切だ。
決まったルールで問題を解けばミスは減るでしょうし、確かめ算をする癖がつくる。

算数の一行問題が解けないというのは、算数の問題を絵にして解くようにするのがいいだろう。
算数に限らず、問題が読めていないお子さんは受験する上で致命的な欠点を持っているということになる。
複雑な面積図は典型問題でパターンを覚えるのがいいだろう。
レベルの高い中学でも、典型問題に手を加えれば解けることが多いので、中学受験を失敗しないためには大事だ。
また、不得意な分野がきちんとわかっている場合には、不得意分野の問題を一通りマスターしておくことで、中学受験をうまく乗り切ることができるだろう。

算数の応用問題が解けないという場合は、あるポイントに気付けば典型的な問題になるものと、高度な応用力が問われるものがある。
高度な問題が問われるものは、この際捨ててしまいましょう。そこに時間をかけてしまっては、他に解ける問題があっても時間がなくて解けないということにもなりかねません。
中学受験で出る応用問題は、ポイントさえつかめば典型問題になるものがほとんどだ。そのポイントを見つける訓練をするようにするように。それができれば、確実に合格点に達することだろう。

数学の試験本番で点数が取れないというのは、時間不足、ミス、あせってしまうというのが多くの原因だろう。
それを克服するには、問題を解く場合は制限時間を設ける、目新しい問題が出た時に備えて、時間配分、問題を解く順番を決めるなどのテクニックをみにつけることが大切だ。
この訓練は、早めにやっておかないと番までに身につかないので、早めにやるようにしましょう。

中学受験で算数を解く際は、これらのことが大事になってくる。
しっかり身につけて中学受験に挑み、本番では存分に力を発揮するようにしましょう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。