上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学受験を受けるお子さんをもつ親御さんは、とりあえず塾に通わせておけば大丈夫だろうと思っていませんでしょうか。
しかし、ただ塾に通わせているだけでは成績はあまり上がりません。そういう結果になっても、塾をやめたら成績が下がってしまうかもしれないしと考えて、塾に通わせ続けてはいませんか。
実際の場合は、塾をやめても成績が下がることはないだろう。なぜなら、塾に通っても成績が上がらない子というのは、塾で学び取ることができなかったと考えられる。
塾は、本来家庭で補えないところを学びに行く場所だので、家庭で親が
しっかり予習復習を見てあげればいいのだが、忙しくてできないという方もいらっしゃることだろう。

そういう方には、お子さんに家庭教師をつけてあげるという方法がある。家庭教師がいればその子の学習進度に合わせて勉強を進めることができますし、苦手なところの補給も塾で漫然と授業を聞いているよりもできると思う。
また、親と連携が取りやすいというのが家庭教師のメリットだ。
中学受験は親子の受験とも言われている。しかし、親が勉強をみるとついつい感情的になってしまい、お子さんとの信頼関係も崩すことになりかねません。
家庭教師に見てもらえばそういうことは起こりません。親というのは家で出来ることと出来ないことをしっかりと見定め、家でできないことを補う方法を決めればいいのだ。
そうしてサポートしてあげることで、お子さんの成績もメキメキと上がるでしょうし、中学受験にも万全の対応をすることができるだろう。
しかし、毎日家庭教師が来るわけではありませんので、お子さんがどのように日々を過ごしているかを観察するのは親の役目になる。

お子さんの学習態度も、親の心がけ次第で変わることだろう。
色々な理由をつけて塾に子どもの勉強のことを全て任せるというのは、非常に無責任なことだと思う。
お子さんにとって最高の先生というのは、本気でお子さんのことを考えてあげられる親なのだ。
中学受験に合格するためにお子さんの状態をしっかりと見定めて、上手な塾や家庭教師の利用法を行うようにするように。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。