上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偏差値というのは、中学受験や大学受験などを控えているお子さんや親にとってはなくてはならない存在だろう。
自分の偏差値が分からないと、どこの学校に行けるのかという目安になりませんし、何を基準に学校を選べばいいのかは、偏差値のランキング一覧を基準にする方も多いのではないでしょうか。
しかし、偏差値だけで中学受験をする学校を決めてもいいものなのでしょうか。

中学受験をする場合、模試を受けて自分の偏差値がどれくらいか調べると思うが、その学校を受験したい人全員が同じ模試を受けているとは限りません。よって偏差値の基準も曖昧になってしまうだろう。

偏差値を見る場合は合格率80%のところだけではなく、50%のところも見るようにと言われたりもするそうだ。
中学受験用の模試は日能研模試、四谷模試、首都圏模試があるそうだが、
一般的に日能研が一番難しく、次に四谷模試、首都圏模試は一番簡単なのだそうだ。
偏差値が30台という私立中学もあるが、公立の中学と合わせて調べると偏差値が10~20上がるそうだし、そういう学校しか選べないからといっても恥じることはないだろう。

また、私立中学の受験問題をクイズにしているテレビ番組もあるが、その番組を力試しにするのもいいだろう。中学受験をした時に間違えやすい問題が多く出ているので、その問題を解くことで偏差値が上がるかもしれない。

しかし、中学受験では偏差値だけが大事なのではありません。その学校によってテストの癖があるし、面接も重要だ。
偏差値ばかりに頼るのはあまりよくありませんが、それを目安にして受験する学校の勉強法や弱点を補うようにしましょう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。