上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学受験を控えているお子さんを持つお母さんたちは、何とか合格させなければ!と頭を抱えているのではありませんか?
成績が現段階で振るわなくても、夏、または秋から努力すれば、合格するだろうと思っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、いくら努力しても合格することができない子がいるというのも事実だ。
中学受験に合格する子と不合格になってしまう子ではどのような違いがあるのだろうか?

中学受験に合格するために大切なのは「子どもの頑張り」ではありません。
もちろん努力も必要だし、それなしでは合格はできませんが、大切なのは「子どもがどう頑張るのか」ということなのだ。
中学受験は、頑張り方を間違わなければ、偏差値が60以下のお子さんでもたった3か月でも十分間に合うという人もいるくらいだ。
今現在、ご自も一緒になって、お子さんの中学受験を頑張ってきた方もいらっしゃると思う。
しかし、逆に使命感や期待でお子さんをがんじがらめにしてしまってはいませんでしょうか。
お子さんにつらい思いをさせないためにも、また、確実に合格できるように、頑張り方を変えてみませんか。

まず、模擬試験はやりっぱなしにしないで、しっかり復習するようにしましょう。
模擬試験で間違えた場所は、お子さんのウィークポイントだ。ここを確実にできるようにしないと、本番でこういう問題が出てきた時に必ず間違えます。そうならないためにもしっかり復習するようにしましょう。
次に、塾は秋以降は活かす場所にしましょう。
塾は志望校対策や模擬試験をするのにはいいだが、総合的に習う場所だので、自分の苦手分野だけを教えてはくれません。苦手な分野は家でしっかり勉強するようにしましょう。
最後に、中学受験は個人戦ではなくチーム戦であることを理解しましょう。
子ども一人で頑張ってしまっては、必ずどこかでバランスが崩れます。
オリンピック選手も、個人で頑張っているのではなく、トレーナーが付いている。
お子さんにあった勉強の仕方を見つけ、頑張れというだけではなく、自分の役割をしっかり理解してお子さんをサポートしてあげましょう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。