上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四谷大塚と言えば、中学受験の名門塾であることは皆さんもご存知なのではないでしょうか。しかし、最近は他の塾に生徒を持って行かれがちになっている。
四谷大塚と一口に言っても、自宅学習、平日教室、準拠塾、日曜教室、YTネットと色々な取り組み方がある。取り組み方が色々あるので、レベルや意識に差が生じ、それが四谷大塚で習う生徒の受験を厳しくさせているのではないでしょうか。

四谷大塚は平日には良質の講師が沢山いるようだ。
しかし講師の質がいいので、生徒たちは理解したと錯覚してしまい、テストでは点が取れないというケースもあるようだ。
習ったことはきちんと復習をするというのが、勉強をする上では大切だ。特に中学受験を目指している人にとっては大切なので、しっかりとやるようにしましょう。
準拠の塾は、塾によって差が出てくるようなので、評判はあまり良くないそうだ。小学生の場合は講師が良いか悪いかで成果が全然異なるものとなるため、そういう点は親御さんがきちんとチェックしてあげましょう。

四谷大塚のカリキュラムは、予習ものは新しくなったようだ。しかし、他の塾に比べると、受験のことを考えると少し甘い感じがするそうだ。
予習シリーズは、予習だから親が関わらなければいけないのは分かると思う。親が勉強を教える場合は、原則として子どもが混乱しないようにしっかりと勉強をした上で教えることになる。

四谷大塚を中学受験用の塾に選ぶ人は、上位校でなければ!という意識はあまりないと思うが、基礎を身につける場所としては十分すぎる場所だと言えるだろう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。