上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生徒1人と先生1人によるマンツーマン指導をするのが家庭教師だ。
家庭教師は先生が自分だけのために勉強を指導してくれるので、大人数で勉強を教える進学塾に比べると、確実に不得意分野を克服させてくれる。

中学受験の家庭教師と一般の家庭教師の違いは、中学の家庭教師は塾で習ったことを家庭教師に復習してもらうということだ。
中学受験専門塾の授業進度は、学校の学習進度よりもはるかに速いだし、宿題の量もとても多いだ。しかも「単元テスト」「復習テスト」「カリキュラムテスト」をいったテストがあり、その成績によって進学塾のクラスが変わります。
上位のクラスにいる方が難関校に合格する可能性が高くなる。逆にいえば、上位のクラスにいないと合格するのが厳しくなるし、受験すらさせてもらえないかもしれない。
中学受験は塾で習っている方が優位なので、家庭教師が塾の勉強の助っ人として登場することになる。

家庭教師を頼む際に気をつけなければならないことは、分からないところを分からないままにしないということだ。
せっかく高いお金を払って、家庭教師に勉強を見てもらうのだから、色々な教科を見てもらいたいという気持ちは分かります。
しかし、色々と手をつけすぎて分からないままにしてしまっては、塾で習っているのと変わらなくなってしまいる。
塾の復習と宿題の勉強のために、1教科を週1回で2時間の指導してもらうのが妥当みたいだ。

あと、家庭教師を雇うのだから、欲張るのはいけませんが成績も上がらないともったいないだ。それと重要なのは、家庭教師との相性だ。
相性が悪い人とは勉強したくならないものだ。中学受験をする際は、自分と合う先生を探したほうがいいだろう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。