上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般的に、中学受験の準備を開始する学年は4年生から5年生で十分だそうだ。
中学受験塾によっては、ゆとり教育の導入によって小学3年生から受験勉強を始めなければならないと言っているところもあるが、それは少子化によって生徒数が減少するのを防ぐ為に、早いうちから生徒を確保しておこうという塾側の理由があるからだそうだ。

もちろん、基礎学力が不足しないように、4年生になる前から漢字や計算などはドリル等を使用して学習しておく必要がある。
また家庭学習の習慣化を身につけるには、通信教育等を利用するのが効率的でいいだろう。

中学受験を乗り切るためには、体力も必要になる。
塾通いというのは決まった曜日と時間に通うことになるので、子どもに負担がかかり、ストレスもたまるものだ。
また、塾の勉強は先取り学習なので学校の勉強よりも進度が速く、学習した内容が頭の中でごちゃごちゃになってしまい、混乱することもあるだろう。
効率的に中学受験を乗り切るためには、そういう体力的な部分とメンタル的な部分も考慮にいれ、子どもの現在の学力と子どもの性格も考えながら、志望校を選び、塾に入るようにしましょう。

また、塾以外にも勉強する方法はある。
家庭教師を雇って勉強を見てもらうと、苦手な部分も自分のペースに合わせて効率よく学ぶことがでくる。
しかし、家庭教師だけで中学受験し、上位校を目指すのであれば、費用は高いだがベテランのプロ家庭教師を雇ったほうがいいだろう。
中堅以下の学校を希望する場合は、中学受験を経験したことがある大学生家庭教師でも充分だ。
しかし、家庭教師は相性もあるし、指導力も個人差があるので、成績が上がらない場合は他の家庭教師を依頼するほうがいいだろう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。