上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国に私立中学校は700校あり、そのうちの4割が東京、埼玉、神奈川、千葉などの首都圏にあるそうだ。
東京で私立中学を受験する場合、大変厳しいものになるのは、皆さんも見当がつくのではないでしょうか。
私立中学を受験する割合が、東京だと28%にもなるそうだ。28%ということは、4人に1人が中学受験に挑戦していることになる。

こんなにも私立中学が人気になってきたのは、ゆとり教育を始めたころからだろう。公立中学の学力がゆとり教育により低下し始めているので、私立に入れて勉強させようという傾向にあるようだ。
私立中学受験が盛んになってきたのは2000年頃だそうだ。
他にも公立学校が荒れているから…という理由や、公立の中高一貫校に刺激されたのだろうという意見もある。

ちなみに私立中学校の学費は、平均すると年間で89万円だそうだ。
中高一貫教育の学校だとしたら大体1200万円のお金は必要になるだろう。
中学受験をするということは、合格するために塾に通わせたり家庭教師をつけたりする人が多いでしょうから、その分の費用もかかり、金銭的にも厳しいと言えます。

また試験も国語、算数、理科、社会などの学科の他に、音楽や体育、美術なども実技試験を行う学校もあるし、面接も親子で面談する学校、子どもと親を別々に面接する学校、子どもだけで個人面談をしたり、グループ面談をしたりと学校によって様々で、こちらの練習もしなければならないので、私立中学受験は時間的にも精神的にも厳しいものになるだろう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。