上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学受験の勉強でもっとも退屈で厄介なものの一つに暗記物がある。
理科の地学や生物、社会などで高得点をあげるためには、無理やり覚えるというのが必要となる。
これはみんなが通る道であり、避けて通ることができないのはご理解いただけると思う。

しかし、暗記は大切だから覚えなさいといっても、生徒たちは覚えられないというか、覚えようとしないのだ。
逆に成績が優秀な生徒は自分なりに工夫して暗記に取り組んでくれるので、こういう生徒はどんどん暗記していき、中学受験に成功する可能性はアップしていくる。

覚えようとしない子に無理やり覚えさせようとしてもモチベーションは下がる一方だし、脳科学的にも精神的にも良くないのかもしれない。
だから、どうにかして簡単に覚えられる方法はないかと思い、語呂合わせなどを色々試したそうだが、替え歌を作って歌う暗記法が一番頭に入りやすいのではないかという考えだそうだ。

暗記しなければならないものを自分の好きな曲の詩に書き換えてしまうと、
口と耳、目を同時に使うので、何度もその替え歌を繰り返すと、自然に暗記出来てしまうのだそうだ。

これは大変効果的な暗記法だが、歌詞を作るのに手間どったりすると勉強する時間をとられてしまうので、完璧を求めずに、なんとなくメロディーに合う程度でいいだろう。

このように色々と工夫して勉強すると、普通に勉強するよりも確実に記憶に残り、本番でもうまくいく可能性が高まるだろう。色々と工夫して中学受験を成功させましょう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。