上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学受験をして希望のところに合格できなかったとか、中学額受験をしたことがないという劣等感、大学受験や高校受験でうまくいかなかったというコンプレックスを抱いているお母さんは意外と多いのだそうだ。

そういうお母さんたちは、子どもに自分が果たすことができなかった夢を託す傾向があるようだ。子どもを高学歴にすれば、自分の学歴に対する劣等感もなくなると考えているのだろう。
お母さんはそれで満足するでしょうが、お子さんは幸せなのでしょうか。

学校というのは、偏差値だけが重要なのではありません。子どもがどのような夢を持っているのかというのを重視して、中学受験を進めるのが、子どもにとっては幸せなのではないでしょうか。
確かに、偏差値のいい学校は有名大学に進学する確率も高くなるし、それから自分の夢を追いかければいいのではと考えるお母さんもいらっしゃると思うが、夢が学力とは全く関係ない職人さんだったりすると、その中学受験をしている時間ももったいないと考える子もいるのではないでしょうか。

自分の夢を託しているお母さんに限って、自分は子どものためにいいことをしていると考えている方が多いので、子どもがつらい思いをしているのに気付かないことがある。それでは、子どもはますます苦しい思いをしてしまいる。
お母さんは学校の偏差値や評判に捉われず、子どもの個性をしっかりと見極め、その上で進学校を決めて中学受験や大学受験をさせた方がいいだろう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。