上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学受験の偏差値というのは変動性があり、テストの性格によって異なる。しかし似たような問題が出題されたり、受験生が多かったりする場合は有効な手段と言えるだろう。

同じテスト会の模試の場合は、出題傾向が同じなので極端に偏差値を上下することはあまりありません。
そこでテスト会は入試での合否結果と模試の偏差値を照合し、模試で偏差値をこのくらい出せば80%は合格する可能性があるようにデータを利用しているそうだ。
この過去データの蓄積によって合否が予想しているので、入試問題の傾向が大きく変わった場合にはこの偏差値が当てはまらない場合がある。

また、模試で中学受験校として届けられることがあまりない学校については
データが少ないので合格の可能性が出ても誤差が大きくなる。
テスト会の模試と似たような問題を出す学校は、素直に模試の偏差値を信じていいだろう。特色のある問題のある学校は、合格率50%ならば、問題との可能性が高いので自信を持って受験していいだろう。
また記述問題が多い学校を志望校とするなら、模試の偏差値がす少し低くても自信をもって中学受験に臨みよう

このように、出題傾向と偏差値を考えて出願するのが合格しやすいやり方といえるだろう。
もしお子さんが塾に通っていない場合は、親御さんが過去問を3年分位解いてみると問題の傾向が分かります。お子さんのタイプを見極めて中学受験をする学校を選びましょう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。