上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学校で習うものよりも、中学受験で出る問題のレベルはかなり高くなっているのは今や常識になっている。
どの中学校でも、学習指導要項の範囲内で問題を出していると言っているが、普通に勉強しているだけでは解けない問題が多いようだ。そのためには中学受験の準備をする必要がある。

そういう理由から、中学受験を控えているお子さんを塾に通わせる方も多いと思う。
大手進学塾の多くは小学4年生からカリキュラムをはじめ、6年生の夏休み前に全範囲を終わらせ、その後受験までは総復習に当てるそうだ。
塾選びは塾の合格実績、塾の評判や特色、月謝などの情報をもとに決めると思う。
塾の噂はインターネットで調べると、ライバル塾からの中傷や批判も多いと思うので、実際にその塾に通っている人から話を聞くのが一番だろう。
転塾するのもやめるのも、こちらがお金を払っているので自由だが、塾を替えると勉強の進め方やカリキュラムの違いなどからお子さんが戸惑ってしまうかもしれないので、転塾する必要がないように中学受験の準備ための塾を選ぶ際は慎重になる必要がある。

また、公開テストというものが月に1回あるし、教材費や夏から春にかけての講習もあり、月謝以外にも結構お金がかかります。そのことも中学受験の準備をする際は考えておいた方がいいだろう。
合格実績や、友達がその塾に行っているから同じ塾に入るというのは、子どもにとっても大切なので、できるだけ避けるようにしましょう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。