上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お子さんが中学受験をする時には、家庭で1人で勉強することは難しいので、進学塾選びが非常に重要になってくる。
しかし、どの進学塾がいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。「少しでも成績が上がって、子どもにあう塾に通わせたい」と思うのは親なら当たり前の感情ではないでしょうか。

まず、進学塾に通う目的を明確にする必要がある。
小学校の授業の補習程度でいいのか、中学受験をして志望校に入るために塾に通うのかでは塾を選ぶ基準が全く異なってくる。
志望校が決まっているのでしたら、その中学校に合格する確率が高い塾に通わせた方がいいだろう。
また、現在のお子さんの偏差値よりも少しレベルの高い塾を選ぶといいそうだ。あまりにもお子さんの学力に対してレベルが高い塾を選んでしまうと、お子さんが精神的に苦痛を感じ、塾に行きたがらなくなってしまうからだ。そうすると成績にも影響を与えますので、ここはしっかり押さえておいた方がいいだろう。

日能研はどんなレベルの中学校でも合格者数がほぼトップクラスにある中学受験の最王手だ。
日能研の特徴は面倒見の良さがあげられるだろう。お子さんの学力に合わせた対応をしてくれるので、成果が出やすいのではないでしょうか。
早稲田アカデミーは「なにがなんでも志望校別コース」や「そっくりテスト」などが人気で、根強い人気がある。
また、体育会系のノリがある進学塾も人気があるそうだ。好みもあるかもしれないが、このやり方が気にいれば、成績が上がるのも早いのではないでしょうか。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。