上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会の問題は、正確な知識がないと解けません。しかし、ただ近年の思考力重視の中学受験の社会のテストでは表面的な棒暗記だけでは対応しきれないというのが現状だ。
今現在起こっている社会の出来事に対して、興味関心を持ち、どうしてそうなるのかを考えながら学習することが、中学受験の社会の勉強では大切だ。

まず3年生になったら、地図に興味を持つことから始めましょう。テレビで出てきた地名や県名がどこにあるのか調べてみるのがいいだろう。また、自分の町もよく観察してみると、社会のことがわかっていいようだ。

4年生になったら、山や川、件名を白地図に書いてみようあとは学校や塾で習ったことはその日のうちに復習しておくと、理解が早いだ。分からない問題が出てきた時は、すぐに答えを見るのではなくて、地図や資料を見てヒントを探すといいだろう。

5年生になったら、地形や件名と一緒に川や平野の名前も覚えましょう。資料集や地図帳を有効に活用すると飲み込みが早いだろう。なぜ?という気持ちや覚えようという気持ちは、どちらも大切だ。このような気持ちになることを忘れないようにするように。
また、テレビややっている歴史番組やニュースを見て、背景や理由を両親と一緒に話し合って考えてみるのもいいだろう。歴史の大きな流れをつかむという点では、歴史マンガも有効だ。
普段の生活と勉強している内容は密接に結びついていると子どもが気付くことができれば、社会の学習はうまくいっていると考えていいだろう。

いよいよ6年生になった。志望校等の過去問を解いてみて、傾向をつかみ、実力をアップさせましょう。
問題文を読む時は、勘違いや読み間違いがないようにしなければいけません。また、答え合わせは納得がいくまでやって、消化不良を起こさないようにしましょう。
歴史、地理、公民のいずれもバランスよく学習し、苦手分野を作らないようにするのが中学受験の社会では大切だ。歴史は起きた出来事とその理由、またどのような影響を社会にもたらしたかを結びつけて覚えましょう。
社会が苦手だと感じる人には各時代の人物を核にして覚えると、視点が変わって覚えやすいようだ。
時事問題については、1~2年以内に起きた出来事を取り上げることがほとんどなので、家庭でもニュースのことを話題にするようにすると、政治経済に強くなるだろう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。