上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学受験の理科は、大きく分けると地学、生物、化学、物理の4つの分野に分けられる。理科で重要なことは、この4分野をまんべんなく点数をとれるようにすることだ。

理科が苦手な人には、計算するところはできないという人や、計算はできるけど、暗記問題が苦手という人もいるだろう。
理科という教科は基本的に仕組みを理解して、その仕組みを上手に利用して考えるということ、また、覚えて、覚えたことを書き、覚えたことを使って考えるということをして、点数を獲得するものだ。
4分野をそれぞれ基本を理解して、覚えて使うということが大切だ。

中学受験の理科で問われるのは、難関校は別だが、覚えなければならないところをしっかり覚えることができれば、80%は解くことができると言われている。
もちろん、覚えた基本がそのまま出ることは少ないと思うが、それを利用して考えると問題を解くことができるそうだ。
暗記シートなどを購入して、しっかり覚えるようにしましょう。

中学受験の理科で計算が苦手だという人は、大勢いらっしゃると思う。
計算問題の出題率は全体の1~3割というのが多く、比重は高いわけではありませんが、計算問題が解けるかどうかで大分点数に差がつきますし、合否に影響を及ぼすかもしれない。
問題に対する経験が少ないことが、計算問題が苦手は理由だ。経験が多いのと少ないのでは、答えられる確率も変わることだろう。
問題集で基本問題を何度も何度も解いて、パターンになれることが大切だ。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。