上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学合格の実績が高いというのが、中学受験の大きなメリットだろう。
例えば、東京大学の合格者で比較しても、私立の学校から入学した生徒が半数を占めます。
公立校の方が学校の数ははるかにおおいので、生徒数も公立と私立の学校では大きく差が開くはずなのに、こんなに有名大学に入る人が私立学校出身者は多いのだ。

それだけ私立学校というのは大学受験への対策が行き届いているのだろう。私立の学校では大学受験に関する情報も豊富にそろえているし、先輩が志望校に入学していることがあるので、直接話を聞くこともでくる。
また、周りにいる人が有名難関大学に入学できるように頑張っているので、誰にも遠慮することなく入りたい大学を目指すことがでくる。

そして、大学受験において、中学受験を経験して身につけた学習能力は役立ってくてます。
中学受験の時に覚えたことが直接役に立つというのではなく、小学生の時に細かい事項を覚えて頭を使ったということが、柔軟な頭を作りあげ、大学受験の際も非常に役立つというメリットがある。
中学受験の時に身につけた勉強の習慣はいつまでも役に立ちますし、勉強する習慣がついていると、大学受験の時に勉強することが苦になりません。
だから、難関大学に合格するの人が多いのだろう。

中学受験は、有名大学に入学するための第一関門といっても過言ではありません。中学受験を頑張れれば、大学受験も頑張れます。
ぜひ中学受験をして、この能力を身に着け、そのメリットとなる能力を使って目指す大学に合格するようにしましょう。

中学受験をして希望のところに合格できなかったとか、中学額受験をしたことがないという劣等感、大学受験や高校受験でうまくいかなかったというコンプレックスを抱いているお母さんは意外と多いのだそうだ。

そういうお母さんたちは、子どもに自分が果たすことができなかった夢を託す傾向があるようだ。子どもを高学歴にすれば、自分の学歴に対する劣等感もなくなると考えているのだろう。
お母さんはそれで満足するでしょうが、お子さんは幸せなのでしょうか。

学校というのは、偏差値だけが重要なのではありません。子どもがどのような夢を持っているのかというのを重視して、中学受験を進めるのが、子どもにとっては幸せなのではないでしょうか。
確かに、偏差値のいい学校は有名大学に進学する確率も高くなるし、それから自分の夢を追いかければいいのではと考えるお母さんもいらっしゃると思うが、夢が学力とは全く関係ない職人さんだったりすると、その中学受験をしている時間ももったいないと考える子もいるのではないでしょうか。

自分の夢を託しているお母さんに限って、自分は子どものためにいいことをしていると考えている方が多いので、子どもがつらい思いをしているのに気付かないことがある。それでは、子どもはますます苦しい思いをしてしまいる。
お母さんは学校の偏差値や評判に捉われず、子どもの個性をしっかりと見極め、その上で進学校を決めて中学受験や大学受験をさせた方がいいだろう。

日能研は、中学受験に対するデータがとても豊富だ。
しかし、他の塾と比べると詳細なデータがあるが、それをどう生かすかというのが大切になってくる。

問題が解けなかった部分の克服には、日能研の「カリテ」を使用するそうだ。しかし、次の週の勉強に追われてしまいがちで、カリテにまで手が回らないというのが現状のようだ。授業でやっていることをやるか、カリテをやるかで悩む生徒も多いことだろう。
日能研では、6年生の前半に5年生で勉強したことを繰り返すカリキュラムを組んでいるそうなので、カリテにまで手が回らないと悩むよりは、その時に狙っている勉強に集中したほうがいいだろう。その方が理解も速いし、中学受験に有利だ。

日能研のクラス替えは、クラスによって学習進度が違うようなので大変のようだ。クラスが下がるとどうにかして上のクラスになろうと勉強の量を増やしてしまう方もいるようだが、生徒のレベルにあったクラス分けがされているのだから、無理して上のクラスに行く必要はないのではないでしょうか。
自分に合うレベルでしっかりと勉強させた方が、クラスの授業が分からなくて劣等感を味わうことはありませんし、覚えやすいのでいいのではないでしょうか。
子どものレベルにあったレベルで勉強を理解させるというのが、日能研の良さの1つだ。

また、単科講座の選び方だが、まずは通常の授業をしっかりと理解してから生徒に必要だと感じたものを選んで受講させた方がいいだろう。
あまりにも講座を取り過ぎてしまうと、家で復習をする時間がなくなってしまいる。
復習はどの勉強でも基本になってくる。新しく覚えるより、復習をした方が、中学受験に役立つだろう。
周りに流されずに、お子さんのレベルに合わせて対応するように。

中学受験をすることになった時に、どのように勉強をしたらいいかが問題になってくる。
効率よく、かつ中学受験もうまくいく勉強法はどのようなものがあるでしょうか。

まず思いつくのは進学塾に通うことではないでしょうか。
進学塾では小学校の学習進度よりも速く勉強を進めて、残りは復習期間や苦手教科克服に充てるという勉強法が特徴的だ。
中学受験をする志望校への合格率が高い塾へ入れると、その学校の試験傾向や対策も熟知しているでしょうから、効率的に勉強を進めることができるだろう。
しかし、費用が結構かかるというデメリットがある。

または家庭教師をつける勉強法もある。
こちらはお子さんの進度に合わせて勉強を進めることができますし、苦手なところを何度も繰り返し指導してもらうこともでくる。
しかし、こちらも費用は結構かかりますし、家庭教師との相性が悪いとモチベーションが上がらないということもある。

在宅学習用の教材を使うという勉強法もある。こちらはコンピュータで勉強を進めていく勉強法もあるし、テキストを使って勉強をする方法がある。また苦手な分野はプリントをその都度印刷してくれるサービスもあるようだ。
また、費用も塾や家庭教師に比べればお得だ。
しかし、この勉強法は自己管理だので、モチベーションを保つのが大変になってくる。そのため中学受験に間に合わないということにもなりかねません。

このように、中学受験で使われる勉強法は、いずれもメリットとデメリットがある。お子さんに合う勉強法を見極めて、中学受験に臨んでください。

中学額受験情報ネットというサイトを知っているか?
中学受験情報ネットは、塾と中学受験、そして家庭教師と中学受験との付き合い方や中学受験を円滑に行える勉強法、苦手科目の勉強法を教えてくれるサイトだ。

サイトでは中学受験のための進学塾の選び方や、入試の情報、中学受験を成功させるポイント等が載っていて、中学受験は初めてだからどうやって塾を選んだら分からない方や、苦手科目をどうやって克服したらいいのか悩んでいる人にもお勧めできるサイトだ。

中学受験情報ネットによると、中学受験は個人戦ではなく、チーム戦なのだそうだ。
受験するお子さんと、両親、そして家庭教師の先生や塾の担当講師が一つになって中学受験に挑戦するのだ。
世界レベルに立っているスポーツ選手も、人一倍の努力や才能ももちろんそうだが、周りの人に支えられて日々頑張っているのだ。
だから、中学受験もお子さんだけが頑張っても、必ずどこかで障害にぶつかります。それをサポートするのが両親や塾、家庭教師の役目なのだ。
塾や家庭教師だけでは補えないメンタル的なサポートは親が、逆に親だけでは補えない勉強法や苦手克服、志望校の傾向などを教えてサポートするのが塾や家庭教師の役目なのだ。

また、中学生情報ネットでは志望校に合格した先輩達の体験談の意見や、家庭教師たちの体験談も載っているので、そちらも参考にするといいだろう。
情報を知っているのと知らないのでは、中学受験本番を迎えた時の緊張度や落ち着き方も違いる。机に向かうことだけが勉強ではありません。
確かに、情報集めに夢中になってしまい、勉強をする時間がなくなってしまっては、頭でっかちになってしまって実力が備わっていないので合格からは程遠くなってしまいる。
適度なバランスをもって中学受験に臨んでください。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。